ソニーXperia XZ2 Premiumには、4Kディスプレイと低照度撮影向けのカメラが搭載

0
60

モバイルワールドコングレスでXperia XZ2を発表してから2ヶ月も経っていないが、SonyはXperia XZ2 Premiumをついに発表しました。速報でお伝えしたように、ソニーXperia XZ2と同じデザインになっていますが、ディスプレイ、カメラ、バッテリー、その他の仕様をアップグレードします。ヘッドフォンジャックはやはりありません。 XZ2 Premiumは今年の夏から提供開始される予定です。価格はまだ発表されていないが、安くはないものと予想できます。 XZ2は8万円以上となる予定ですので、おそらく9万円後半か10万円後半の価格になると予想されています。



ソニーXperia XZ2 Premium

ソニーは、XZ2プレミアムに5.8インチの4Kディスプレイを搭載しています。通常のXZ2、5.7インチのフルHD +(1080 x 2160)スクリーンよりも改善されています。どちらもHDRビデオをサポートしており、XZ2でデビューした新しい振動システムで、ビデオを見たり、音楽を聴いたり、ゲームをしたりするときの臨場感をさらに楽しむことができます。


ソニーによると、最大のアップグレードは、カメラです。 XZ2プレミアムには、ソニー初のデュアルカメラになります。アップル、サムスン、ワンプラスのような望遠/ズームレンズを追加するのではなく、ソニーは19メガピクセルのカラーセンサーと12メガピクセルのモノクロの間で画像を分割してして撮影します。

これは、Huaweiを含むいくつかの他のAndroidメーカーが採用したアプローチです。ソニーがベストを尽くそうとしている点は、ISO性能です。静止画を撮影するとき、XZ2プレミアムは最大51,200のISOに達することができます。動画は12,800と高いです。通常、スマートフォン上では粒状のごみのように見えるが、ソニーは「AUBE融合画像信号プロセッサー」を使い両方のセンサーからのデータを組み合わせ、低照度に最適化し、ノイズを減らして結果を得ることができると主張している。ソニーはこれが、以前は交換レンズカメラでしか実現できなかった超低光捕捉を可能にするといいます。

また、デュアルカメラシステムにはポートレート機能(ソニーがBokehモードと呼ぶ)があり、モノクロームセンサーだけを使って鮮明で細かいモノクロ写真を撮ることができます。奇妙なことに、これらの2つの機能は、初期のXZ2 Premiumには搭載しておらず、Q3のソフトウェアアップデートでリリースされる予定です。 XZ2のように、プレミアムは960fpsのスローモーションビデオを1080pの解像度で記録することができ、サムスンギャラクシーS9の720p制限よりも改善されています。

XZ2プレミアムのその他の改良点は、RAM(現在6GB)、バッテリー容量(3,540mAh)、より鮮明なフロントカメラになります。

ディスプレイ:プレミアムモデルは5.8インチの4K HDRスクリーンを、レギュラーXZ2は5.7インチのフルHD + HDRパネルを搭載しています。

RAM:SonyはXZ2 Premiumに6GBのRAMを、標準のXZ2には4GBを搭載しています。

リアカメラ:ソニーは、高ISOの写真やビデオをキャプチャできるXZ2プレミアムのデュアルカメラシステムに切り替えました。カラーセンサーは19MP、モノクロは12MPです。今後のソフトウェアアップデートでは、ポートレートモードと白黒撮影モードが追加されます。 XZ2には、19メガピクセルのセンサーが1つしかありません。

フロントカメラ:XZ2プレミアムには、13メガピクセルのセルフカメラが搭載されています。 XZ2は5MPです。

バッテリー:プレミアム内のバッテリーは、標準モデルの3180mAhバッテリーと比べて3540mAhです。 XZ2 Premiumは、より高解像度のディスプレイに電力を供給する必要があるため、優れたバッテリ稼働時間とはならないかもしれません。

その他の主要仕様はXZ2と同じです。どちらもAndroid 8.0 Oreoを搭載し、Snapdragon 845プロセッサを内蔵しています。