Samsungの新しい特許によると、 Galaxy S10はスクリーン対ボディ比率が99%に!

0
96

サムスンギャラクシーS9のリリースがあったばかりですが、安心はできません。Samsungは、すでに来年のモデルに取り組んでいると言われています。今年のギャラクシーS9 は、S8のデザインを踏襲していましたが、2019年のもでるでは、デザインも大きくもでるチェンジする可能性があります。



Samsungの新しい特許によると、 Galaxy S10はスクリーン対ボディ比率が99%

ベゼルレスは今のスマートフォンの最大のトレンドですが、Galaxy S10は、この分野で新たな地位を築くことを期待されています。 Let’sGoDigitalによって発見されたSamsungの特許内容にようると、2018年3月に99%のスクリーン対ボディー比を持つスマートフォンの技術が承認されています。

この偉業を達成するために、サムスンはかなり劇的な変更を加えなければなりませんでした。この特許は、スピーカーや正面向きのカメラ、指紋センサーのない電話機を示しています。この電話機には、背面に1つのカメラレンズがあり、ヘッドホンジャックもありません。

前面に向いているカメラがディスプレイの下にうめこまれている可能性があります。指紋センサもディスプレイに存在する可能性があります。スピーカーに関しては、レンダリングイメージの底に配置されていますが、実際はどこに配置されるかは不明です。背後のカメラは、2つの別個のレンズとは対照的に、飛び出すレンズになると予想されています。

Let’sGoDigitalによって報告された最新のレンダリングイメージは、Galaxy S10のデザインを保証するものではありません。全く異なる形状やプロトタイプになる可能性は非常に高いです。しかし、世界知的所有権機関(World Intellectual Property Organization)に登録されている以特許とのいくつかの類似点をみると、サムスンが指紋スキャナをディスプレイ技術の下に埋め込み、可能な限りベゼルフリーに近いスマートフォン設計に取り組んでいることを明らかです。