Android Wear スマートウォッチの動きを改善するために、「OK Google」検出機能を無効にする方法

0
513

Android Wear、スマートウォッチを 3回または4回ほどタップまたはスワイプすると、1回は、動きにつっかかりが発生し、しばらく動きがわるくなってしまうことがあります。 このAndroid Wearの動きの悪さから、反応を待つよりも、スマートフォンを取り出して代わりにみてしまうことも度々あるのではないでしょうか。



Android Wear スマートウォッチの動きを改善するために、「OK Google」検出機能を無効にする方法

しかし、この動きが悪くなる現象は、ある方法で修正ができるようです。 redditor Yozakggが発見した方法では、

時計の設定 – > パーソナライゼーションの下にあるOK Googleの検出を無効にする

をおこなうと動きが悪くなることが発生しなくなるようです。

この方法は、Huawei Watch、LG Watch Sport、Fossil Q Explorist、Asus Zenwatch 3などのような他のスマートウォッチにも有効であるようです。初代Huawei Watchで試した映像がYoutubeで公開されています。


Ok Googleの検出をオフに切り替えると、すべてがスムーズです。上下からスワイプすると、一時停止やスタッターが一度も発生せず画面が切り替わります。その後、確認のため、Ok Googleの検出(恐ろしい吃音)をオンにしてからもう一度やり直すと明らかに動きがわるくなっていることがわかります。

Ok Googleの検出をオフにしてしまうと、Ok GoogleでAssistantが呼び出せないと心配になる場合は、ボタンを押し続けるとAssistantが起動するため、ハンドフリーで音声コマンドを使用しない限り、操作に問題はないかもしれません。