モトローラ Moto G6 Playの画像が規制上の申請で流出

0
576

 
モトローラのMoto G6は、今週のMobile World Congressに欠席していたため、昨年のG5が発表されて以降、次の端末の発表機会が失われていました。おそらく、G6とG6 Plusは数週間後に、個別に発表されると予測されています。ミッドレンジの携帯電話でおそらく最高の価値になるシリーズになると予想されています。公式の発表前に、TrendyTechzが確認した内容によると、台湾の認証機関NCCがMoto G6 Play電話の画像を流出させてしまったようです。



モトローラ Moto G6 Playの画像が流出

モトローラ社は、通常、電話の名前に「Play」をつけて、電池の寿命が長いことを強調しています。G6 Playには4,000mAhのバッテリーがあり、クアルコムのSnapdragon 430と組み合わされると、かなり優れた耐久性を提供できるはずです。 G6 Playの全体的な外観は、モトローラがMoto X4で始まったデザインの変化を続けています。

画像に見られる5.7インチ、2:1アスペクトのディスプレイは、モトローラの他の携帯電話の一部でもみられる傾向が示されています。ベゼルレスになったようにみえることは嬉しいことです。これはHD +(1440 x 720)の画面になる可能性が高いため、バッテリーの寿命を延ばす要因となりそうです。ベゼルレスにするには、指紋リーダーを電話機の背面、カメラの下に移動する必要があったようです。

その他、Moto G6 Playの噂は、Android 8.0 Oreoを搭載し、16メガピクセルのカメラ、32GBのストレージ/ 3GBのRAM、64GB / 4GBのオプションなどがあります。ボディーの底にあるのはマイクロUSBポートのように見えます。この電話機にはヘッドフォンジャックが付いています。安価でミッドレンジのターゲット市場を念頭に置いているようです。