iPhoneとiPadで、最後に開いたアプリの表示方法

0
205

iPhoneとiPadで便利な機能として、最後に開いたアプリを確認し、中毒的なアプリを削除したり、全く使っていないアプリを消すことができます。iPhoneやiPadで最後に開いたアプリを表示させる方法をご紹介します。



iPhoneとiPadで、最後に開いたアプリの表示方法

この手順はかなり簡単で、iPhoneでもiPadでも同じ操作となります。

設定アプリを起動し、一般> 「iPhone(またはiPad)のストレージ」に移動します。

読み込むまで数秒間待つ必要があるかもしれませんが、一度読み込まれると、最後に開いた日時が記載されたアプリリストが表示されるようになり、スクロールで全アプリを見れるようになります。アプリを開いたことがないと、「未使用」と表示されます。

最も頻繁に使用するアプリを削除することでスマートフォン中毒を抑制するのに役立つかもしれませんし、使用していないアプリを消してスペースを確保する事もできます。