Fitbit Ionicスマートウォッチは、Adidasエディションを3月19日にリリース

0
645

Fitbitが昨年Ionicを発表したとき、新しいスマートウォッチ特別版を検討しており、アディダスと提携することを発表しました。そして、今日、この新しいデバイスの完全な価格設定とリリース日の詳細が明らかになりました。



Fitbit Ionicスマートウォッチ、Adidasエディション

Ionic Adidasエディションは3月19日に$ 329.95で販売されます。それは通常のIonicよりも30ドル高い価格です。 Apple Watch Nike +が通常のApple Watchと同じ価格であることを考えると、ちょっと高めにプレミア価格かなと思います。

Fitbit Ionic Adidasエディション:デザイン

色は、Ink BlueとIce Greyで、カスタム2トーンの通気性スポーツバンドになります。 4色のカスタムアディダスウォッチフェイスもあります。

スペックについては、標準のIonicスマートウォッチと同じ式です。つまり、1.42インチの曲面ガラスで構成された1,000ニット、348 x 250ディスプレイです。もちろん、3つの物理的なボタンは、デバイスの周りを操作するために使用することもできます。

Fitbit Ionic Adidasエディションの特長

最大の追加は、Adidas版Ionic専用の新しいアプリ、Adidas Trainです。これは、心拍数の測定、強さと柔軟性を向上させるために設計された6つの実行集中トレーニングを収納しています。

アディダスのパフォーマンスエキスパートがデザインしたワークアウトは、すでに使用しているトレーニングプログラムを補完するものです。

ワークアウトのコア温度を上げるDynamic Warm Up、パワーペースは、体をより弾力的かつ効率的にすることに役立てます。ヒップとコアの安定性を向上させるためにのアクティベーションには、実行する。強いストライド。強さを改善するなどのPost Run Stretchがあります。

Fitbit Ionic vs Apple Watch 3

あまり劇的なアップデートではありませんが、Fitbitがアディダスの強力なパフォーマンスプログラムの専門知識を活用できるため、アディダスブランドトレーニングを利用できる点で優位です。

これは、Nike + Run Clubアプリを使用したガイド付きトレーニングを紹介したApple Watch 3 Nike +エディションを思い越させます。

それ以外は、GPS、Fitbit PayによるNFC支払い、サードパーティのアプリ、4日間以上のバッテリー寿命などが挙げられます。

スマートウォッチは50mまでの防水性も備えており、Pandoraからの通知やオンデバイスの音楽ストリーミング、予想通りのステップ、カロリー、心拍数の追跡、そして会社の改訂された睡眠の追跡などの標準的な追跡指標を提供しています。