Archosが初めてのAndroid搭載スクーターをデビュー

0
302

フランスの会社Archosはタブレットから無人機まであらゆるものを作っています。また、さらに今回、世界初のAndroid搭載スクーター製品を追加しています。Citee Connectスクーターには、ショックや悪天候から保護するために、電話のすべての機能を埋め込めるマルチメディアダッシュボードがあります。

Citee Connectの画面は、ハンドルバーの間に置かれた5インチディスプレイです。クアッドコアプロセッサ、1GBのRAM、8GBのフラッシュメモリを搭載し、Android Oreoを実行し、3Gをサポートしています。 Archosは、スクリーンをどのように使うことができるかを明示していませんが、Google Mapsを使っていることを明示しています。他のArchosのスクーターと同様に、シャーシに組み込まれているリールロックを遠隔操作できるコンパニオンアプリをダウンロードするオプションもあります。

Citee Connect製品に関しては、アルミ製で、大きな穴あきの8.5インチホイール、250Wモーター、36Wバッテリーを備えています。それはすべて約26ポンドでクロックし、220ポンドまでサポートすることができます。 Archosによると、スクーターは22〜25km / hの速度に達することができ、都市部では25km以上の範囲があります。可変範囲は、エネルギー回収システムによるものです。ブレーキが自動的にバッテリーを充電し、人生を最大15%削減します。

Archosは、Citee Connectは、夏、499.99ユーロ(約617ドル)で販売される予定です。

www.archos.com