iPadでマウスカーソルをカスタマイズする方法

0
2089

iPadOS 13.4アップデートによりiPadでマウスまたはトラックパッドを使用できるようになりました! AppleはiPad Pro用のMagic Keyboardアクセサリを5月に提供予定ですが、Magic TrackpadやMagic MouseなどのUSBまたはBluetoothで接続するPCデバイスも使用できます。

カーソルを使用して、ボタンを押す、アプリを切り替える、テキストを編集するなど、指でするほとんどすべての操作を行う事ができます。 PCの体験と似ていますが、まったく同じではありません。今回、iPadのマウスカーソル入力をお好みにカスタマイズする方法をご紹介します。

まず、マウスカーソルを使えるようにするには最新のiPadOS 13.4にアップデートする必要があります。「設定」-> 「ソフトウェア・アップデート」に移動し、iPadOS 13.4以降を使用していることを確認します。

iPadOS 13.4は次のデバイスと互換性があります。

  • iPad Pro
  • iPad mini(第4世代以降)
  • iPad Air(第2世代2以降)
  • iPad(第5世代以降)

マウスカーソルを使用するには、PCマウスまたはトラックパッドが必要です。 オンラインで購入できるPCマウスを使用できます。既に所有しているBluetoothマウスなどは、Bluetoothでペアリングできます。

すでにMacとペアリングしているMagic MouseまたはMagic Trackpadを使用する場合は、一度MacのBluetoothリストから削除します。 削除後マウスはペアリングモードになりiPadのBluetooth設定に表示されるようになりますので、タップしてペアリングします。



iPadでマウスを使用する方法

デフォルトでは、カーソルは半透明の小さな灰色の円として表示されます。 UI要素にカーソルを合わせると、カーソルを合わせている要素の形状に変形します。 クリックして選択する事ができますし、右クリックして利用可能なコンテキストメニューを開く事ができます。また、Webページやドキュメントをスクロール(トラックパッドで2本の指でスクロール)することもできます。

ポインターを画面の下部に移動するとDockを表示します。画面の右側に移動すると、Slide Overアプリが表示されます。また。画面の境界を超えてドラッグすると 次の画面が表示されます。

通知センターにアクセスするには、カーソルを画面の左上端に移動し、下方向にドラッグします。 コントロールセンターにアクセスするには、カーソルを画面の右上隅に移動し、WiFiとバッテリーステータスインジケーターをクリックします。 プラッターを右クリックすると、詳細が表示されます。

トラックパッドでiPadのマルチタスクジェスチャーを行うこともできます。 アプリケーションを開いた状態で、3本の指で左右にスワイプすると、最近開いたアプリをすばやく切り替えることができます。 3本の指で上にスワイプして現在のアプリケーションを閉じます。 3本の指でピンチして現在のアプリを閉じ、マルチタスクトレイを開きます。

マウスカーソル追跡速度を変更する方法

カーソルが画面上を移動する速度を変更するには:

設定アプリを開き、「アクセシビリティ」-> 「ポインターコントロール」をタップします。

「スクロール速度」スライダーをドラッグして、マウスまたはトラックパッドの動きが画面上のカーソルの動きにどれだけ速く反応するか調整できます。

デフォルトのスクロール速度は非常に低く、バーに沿って約3分の1です。 速度を最大にするには、スライダーを端までドラッグします。

Trackpadの慣性度を無効にすることもできます。 デフォルトでは、指を離した後、カーソルが少し移動することがあります。 これは時に迷惑な機能ですが、 これを無効にするには、ポインターコントロール設定メニューのトラックパッドの慣性設定をオフに切り替えます。



iPadでApple純正マジックトラックパッドの設定を変更する方法

マジックトラックパッドや新しいiPadマジックキーボードケースなどのトラックパッドを備えたiPadを使用する場合、「設定」に新しいサブメニューが表示されます。 設定アプリを開いて「全般」-> 「トラックパッド」にタップすると、各種トラックパッドオプションを変更する事ができます。

この設定ペインでは、MacBookに期待するようにトラックパッドの動作を調整できます。

またアクセシビリティでは追跡速度オプションをショートカットとして利用できます。

Natural Scrollingオプションは、垂直スワイプが画面上のコンテンツを移動する方法を変更できます。 有効にすると、トラックパッドを上にスクロールすると、コンテンツが上に押し上げられます。 ただし、従来のWindowsラップトップに慣れているユーザーには使い難い仕様になりますので、その場合はNatural Scrollingを無効にすると、スクロールの方向を反転する事ができます。

iPadの設定では、通常クリックとセカンダリの右クリック動作を有効にすることもできます。 タップしてクリックを設定すると、トラックパッドを完全にクリックして押し下げなくても、トラックパッドを軽くタップするだけでクリックを実行できるようになります。 2本指のセカンダリクリックが有効になっている場合、トラックパッドの任意の場所で2本の指を使って単純にタップすると、右クリックアクションを実行できます。

カーソルの外観を変更する方法

iPadのマウスカーソルは、PCやMacのような矢印ポインターではなく、小さな灰色の円になります。 円は指先のサイズをシミュレートしているため、iPadのタッチファーストのアプリに最適なものになります。 カーソルがボタンに近づくと、円形カーソルがホバーされた要素の形状に合わせて変形します。 テキストコンテキストでは、正確なドキュメント編集のために「I」カーソルに変わります。

Appleは、カーソルの外観と動作をカスタマイズする方法をいくつか提供しています。 色を変更したり、モーフィング動作を無効にしたりできます。

カーソルを見やすくするためには、カーソルの「コントラスト増加」を有効にし、サイズを変更して、カラフルな境界線を追加できます。 円を拡大または縮小するには、「設定」-> 「アクセシビリティ」-> 「ポインターコントロール」を開き、「ポインターサイズ」スライダーを調整します。

色メニューでは、青、白、赤、緑、黄色、またはオレンジから選択できます。 モーフィングのトランジションでカーソルが消えるのが気になる方は、ポインターアニメーションを無効にしてみてください。 ポインターアニメーションを無効にすると、カーソルは常に通常の円形になり、ボタンは背景のハイライトを表示するだけになります。

最後に、カーソルは数秒間操作がないと自動的に消えます。 これが気になる場合は、「ポインタを自動的に隠す」メニューを開いて、自動で消えるのを防ぐことができます。