Appleは今後の6.1インチLCD iPhoneから3D Touchを削除?

0
193

新しいアナリスト予想によると、Appleの噂の2018年のLCD iPhoneは、コスト制約のために3D Touch機能を削除するかもしれません。

関連性の高いKGI証券アナリストのMing-Chi Kuo氏は、金曜日に顧客に配布された新しい投資家のノートでこの予測をおこないました。Kuo氏は、Appleが6.1インチLCD iPhoneの3D Touch機能を削除し、ディスプレイ技術のコストを低く抑えようとしていると言います。



Appleは今後の6.1インチLCD iPhoneから3D Touchを削除?

アナリストは、ミッドレンジのデバイスは、ディスプレイパネルから表面ガラスにタッチモジュールを移動させる「カバーガラスセンサー」を備えている可能性があると述べています。

これにより、ショックや衝撃に対してより軽くて耐久性のあるディスプレイが実現します。また、アップル社はCGSスイートに薄膜センサーを追加することも検討しています。

一方、CGSの追加は、約23ドルから26ドルへ全体的な価格上昇をもたらします。 KGI Securitiesは、6.1インチのiPhoneが予算に優しいデバイスとして開発されているため、Appleが3D Touchの機能を省き、コスト増加を補うだろうと予測しています。

3D Touchのサポートはすでにオペレーティングシステムに組み込まれているため、Appleにとっては異例の動きになるかもしれません。

薄膜センサーが何の役割を果たすかははっきりしていませんが、3D Touchの代わりに機能する可能性があります。 Appleは数年後に携帯端末用の新しいタッチレスのジェスチャーベースのコントロールを探求していると噂されているため、その開発に結びついている可能性があります。

Kuo氏は、中堅の6.1インチiPhoneが、年間のiPhone出荷台数の65〜75%を占め、他のアナリスト予想よりわずかに高い予測を見込んでいます。