ハプティックフィードバック・ジョイスティックでドローンを操縦

0
262

フランスのスタートアップMotionPilotが開発したフィードバックジョイスティックは、ドローンをより直感的に操作することができます。ジョイスティックをアクティブにすると、ドローンは手にあった動きで操作できます。モーションセンサーが装備されているため、ドローンを動き制御でき、手を傾けたり回転させたりすることでドローンを飛行させることができます。ドローンを前進・横に曲げて飛行させるには、装置を前方または側方に傾けます。また、トリガーをおして標高を調整できます。



MotionPilotについて

スタートアップ企業であるMotionPilotは、フランスのエコール・ポリテクニーク・フェデラル・デ・ローザンヌ(EFPL)の4名の大学院生によって設立されました。創設者の一人であるJulien Perroud氏は、この新しいジョイスティックで無人機を飛行させることは非常に簡単で、初心者が「数秒で」ドローンを飛行させることができるとEFPLに語った。

初心者でもすぐに楽しめるようになるのはとても素晴らしいことです。古いコントローラーからジョイスティックに切り替えるだけで、ドローがより操作しやすくなります。

無人機を制御するためにモーションセンサーでジェスチャーを使うことはは全く新しいことではありません。 DJIは手のジェスチャーを導入し、DJI Sparkを飛行させられます。しかし、DJIミニのドローンは、手のジェスチャーを「理解する」ために、いくつかの設定をしなければなりません。

リリースについて

フランスのスタートアップ、MotionPilotは実用的なプロトタイプを作成し、年末にはドローン、ジョイスティック、FPゴーグルとあわせて、製品をリリースする予定です。

Engadgetによれば、触覚フィードバック機能を持たないジョイスティックを導入している可能性があり、MotionPilotはまだ、パートナーとなるドローンサプライヤを探している最中のため、リリースはまだ当分未定と見たほうがいいかもしれません。

紹介動画はこちら