Google、IoT管理サービス Xceedを5000万ドルで買収

0
379


Google Cloudの最新の動きは、急速に成長する分野の管理サービスを強化するために、Internet of ThingsサービスのXivelyを買収しました。



IoT管理サービス Xceed

500万ドルでXively買収により、LogMeIn部門はより幅広いGoogle Cloud Platformチームに組み込まれることになります。Xivelyは、「高度なデバイス管理、メッセージング、ダッシュボード機能」を含む「深いIoT技術とエンジニアリングの専門知識」をGoogleに提供できることになります。

Googleは、Xceedの幅広い機能セットと柔軟なデバイス管理プラットフォームを活用し、Google Cloudのセキュリティと規模拡大に対応します。 Google Cloudは、データ分析と機械学習のリーダーとしての地位を確立しており、ターンキーIoTソリューションを構築し、ビジネスバリューの創造に専念できる独自の立場にあります。

GCPは現在、接続されたデバイスからデータを管理、接続、および処理するための「Cloud IoT Core」というサービスを提供しています。 Googleは、この買収により、IoTビジョンから製品に至るまで、顧客のタイムラインを加速し、IoTに接続されたビジネスを加速できると考えています。

2020年までに200億台の接続デバイスがオンラインになると予測されるため、分析とデータストレージソリューションを備えた「完全管理IoTサービス」が実現します。