watchOS 5.1.1が公開!Apple Watchのレンガリングの問題を修正対応

0
51

今日、Apple Watchには新しいメンテナンスソフトウェアのアップデートが公開されました。 watchOS 5.1.1は、多くののユーザーでインストールを正常に完了できず、Apple Watchのレンガ問題(起動時にAppleロゴ表示で強制再起動してしまう問題)を引き起こしていたwatchOS5.1の不具合を修正対応しています。



watchOS 5.1.1が公開!Apple Watchのレンガリングの問題を修正対応

watchOS 5.1.1に関するAppleのリリースノートには、レンガ問題については特に言及していませんが、おそらくAppleはこのバージョンで不具合修正に対応しており、今後発生することはないと思われます。

watchOS 5.1.1には、先週リリースされた元のwatchOS 5.1ソフトウェアアップデートと同じメンテナンスポイントが含まれています。アップルは、転倒検出アラートの改善、ウォーキートーキー問題の修正、アクティビティ特典の問題の修正を強調しています。


Apple Watch Series 4は、激しい落下を検出してから約1分間動きがない場合、自動的に緊急サービスに連絡しまう問題がありました。

また、一部のユーザーでWalkie-Talkieアプリの不完全なインストールを引き起こす可能性がある問題を修正し、以前に獲得したアクティビティアワードの一部が、アクティビティアプリのアワードタブに表示されない問題も解決しています。