DJI Mavic Airの全貌がついに判明!4Kカメラ、21分の飛行時間、3色カラー

0
649


ニューヨークの特別DJIイベントで、明日の朝に公式発表予定のDJI Mavic Airドローン写真がついに流出しました。これら流出した写真と仕様は、過去にも正確な情報を提供しているtipsterからのものになります。また、写真やスペックは、他のソースからも流出しており、その情報と一致しているようです。新しい写真には、公式のDJI招待状やDJIのティーザービデオなど、以前に確認した、いくつかの機能も掲載されています。

写真の1つは、4Kビデオ、32メガピクセルのカメラ、4つの折り畳み式脚など、DJIの新しいドローンの主な特徴をキャッチで説明している、展示用広告バナーです。



DJI Mavic Airのスペック

掲載されているスペックはこちらです!

  • パノラマモードの32メガピクセルカメラ
  • 4つ折り可能な脚
  • 4Kビデオ
  • 3ウェイジンバル
  • フロント、ボトム、バックの障害回避センサー
  • より良い制御、ホバリング、室内飛行のためのVPS – 視覚的位置決めシステムを装備
  • ジェスチャーコントロール
  • 21分の飛行時間
  • 3色から選べるボディカラー(白、黒、赤)

センサーに関する詳細、サイズ、フレームレート、およびコーデックはまだ不明で、写真とビデオは4K画質が重要なポイントになっています。
新しいMavic Airは、Spark(2 km)または現在のMavic Pro(7 km)に近い走行距離が期待される。また、DJI Mavic Pro Platinumのような静かなプロペラも期待だ。

新しいDJI Mavic Airが、現在のMavic Proの後継者であるDJI Sparkよりもアップグレードしていることが期待です。4Kビデオと32メガピクセルのカメラはアップグレードされており、今回搭載されたVPSシステムがDJI Mavic Airを屋内で簡単に飛ばせるようになるとみています。