Mac用アフィニティー・パブリッシャー 2018ベータ版をビデオで公開

0
136

アフィニティデザイナーやアフィニティーフォトのセリフは、クリエイティブなプロフェッショナルを対象としたアプリでここ数年間、大きな飛躍を遂げました。アフィニティーデザイナーのようなアプリケーションを魅力的なものにする理由は、サブスクリプションなし、フラットなコストで購入でき、Adobe Creative Cloudと同等のソフトウェアで置き換えることができるからです。

Affinity Photo iPad版はAppleの年間最優秀アプリに選ばれました。Serifは、さらにAdobe InDesignユーザーを引き付けることを目的としたデスクトップパブリッシングアプリ「Affinity Publisher」2018年のベータ版を公開前にビデオで紹介しています。

Finderから直接画像をドラッグアンドドロップすることは、スケールインフィットオプションを使用してコンテンツフレームに合わせて画像のサイズを自動的に変更することで、サポートされています。

指定されたマスターページから直接新しいページを作成することも可能であり、そのマスターに編集されたドキュメントはドキュメント全体にリアルタイムで取り込まれます。

その他の注目すべき機能には、テキストの折り返し、装飾とドロップキャップ、複数のフレーム間のテキストの流れがあります。

もう1つ注目すべき機能は、アプリの左上にAffinity PhotoとAffinity Designerのボタンがあることです。Affinity Publisher内でこれらのアプリを直接統合できる事を意味しています。

アフィニティーパブリッシャーのベータ版は、2018年中頃に予定されているようです。