Googleドライブの優先度ビューは、推奨ファイルフィード、ユーザー作成ワークスペースを表示

0
106


Googleは、発表されたAI First Worldに移行し、Googleすべての製品に機械学習機能が投入される予定です。今回、Googleドライブが、フィードとユーザーが管理するワークスペースを備えた新しい「優先度」ビュー機能を提供するようです。



Googleドライブの優先度ビューは、推奨ファイルフィード、ユーザー作成ワークスペースを表示

Googleは過去2年間この機能をテストしており、生産性に焦点を当て、集中できる環境を提供したい時と考えているようです。

新しいページには、ドライブのナビゲーションドロワーからアクセスできる2つの項目があります。

「示唆」は一番上にあり、左から右に重要度の高いカードのカルーセル表示が特徴です。現在の「クイックアクセス」機能にある各カードは、Googleの機械学習モデルがさまざまな要因に基づいて、ユーザーに必要なファイルを準備し、アクションを実行するボタンを備えています。

たとえば、最近コメントされたファイルがここに表示され、そのコメントが表示、すぐに返信することができます。毎週開催の会議で使用される特定のファイルが適正なタイミングで表示されたりします。

Googleは、ユーザーの興味に対して、予測レイヤーを補完し、ユーザーがグループを作成して、必要な特定のファイルを固定できる「ワークスペース」という機能があります。これは、アクティブなプロジェクト、または頻繁に毎週開催される会議の一環として表示されるファイルに最適です。

フォルダとは異なり、アクセス権のあるファイルを追加することができます。これは、最終的には「場所に依存しない」ワークスペースです。

インテリジェントな機能もあります。ドライブにすぐにアクセスできる、便利な「推奨ワークスペース」があります。ここでは、ドライブはタイトル、著者、トピックを表示します。