Huaweiの新しいラップトップ、MateBook X Proを発表!ディスプレイは非常に小さなベゼル

0
261


 
Huaweiは今年、Mobile World Congressに新しいフラッグシップ・フォンを提供していませんが、スマートフォン以外の2つの公表を行う予定です。その一つは、Huaweiの新しいラップトップであるMateBook X Proです。



Huaweiの新しいMateBook X Pro

昨年のMateBook Xと同様に、ディスプレイ周りの薄いベゼルを使った魅力的なデザインですが、MateBook X Proではさらに、ベゼルが縮小され、スクリーン対ボディの比率が91%になっていると言います

Surface-style 3:2のアスペクト比では、タッチスクリーンは13.9インチで、3000 x 2000ピクセルの解像度です。ベゼルのサイズが非常に小さいため、HuaweiはウェブカメラをMateBook X Proのキーボードに内蔵していますが、この変更は、DellのXPS 13などのデバイスで見られる不自然なカメラ位置を避けるベストなアイディアになっているかは微妙です。

 

MateBook X Proは第8世代のIntel Core i5またはi7プロセッサを使用し、NVIDIA GeForce MX150 GPUを搭載しています。2つのUSB-Cポート、1つのUSB-Aポート、内蔵の指紋スキャナを兼ねた電源ボタンを搭載しています。スペースグレーまたは「ミスティックシルバー」のいずれかの色が用意されており、1.33kg未満の重さです。

以前のMateBook Xでは、最大の問題はバッテリー寿命でした、HuaweiはMateBook X Proでこの問題を改善、14時間、連続して作業が可能といいます。

Huaweiは、新型ラップトップとあわせて、同社の長期的なMediaPad Androidタブレットである8インチM5および10.8インチM5 Proの新作を公表する予定だ。

両方のタブレットは、「スペースグレー」(イエス)またはシャンパンゴールドの2色で提供され、2560 x 1600ディスプレイ、USB-C、Huawei独自のKirin 960プロセッサ、Android Oreoを搭載しています。

M5とM5 Proの違いはサイズ以外にもあります。Proモデルには、キーボードアクセサリ用の3ピンコネクタがあり、クワッドスピーカーアレイ付属のスタイラスで動作します。 Mペンは4,096レベルの圧力感度を備えており、100分の充電後、50日間、バッテリが持続します。

HuaweiのMateBook X Proは今春、1,499ユーロ(1842ドル)で販売され、MediaPad M5は8.4インチ・バージョンでは349ユーロ(429ドル)、10インチ・モデルでは399ユーロ(490ドル)で販売される。