AppleのStarプロジェクトは、LTE [U]とARMベースのタッチスクリーンハイブリッドを可能に

0
352

1981年、Xeroxは「Xerox Star」というワークステーションをリリースしました。これは、ビットマップディスプレイ、グラフィカルユーザーインターフェイス、マウス、電子メールへのアクセスを備えた、コンピュータとしての最初の商用デバイスでした。 30年後、Appleは新しいデバイス、コードネームStarに取り組んでいます。モデル名N84を使用し、ARMプロセッサを搭載した最初のMac、または最初のiOSノートブック、もしくはまったく異なる製品かもしれません。



AppleのStarプロジェクトは、LTE [U]とARMベースのタッチスクリーンハイブリッドを可能に

Macは2006年からIntelプロセッサを使用しており、Appleのモバイルデバイスは2010年からApple設計のプロセッサを使用しています。最近、Appleは2020年までにMacを独自のプロセッサに移行する予定だといわれています。

スター・プロジェクトに関する情報について、数か月間サプライチェーンの情報源から流出してきました。現在はプロトタイプ段階にあり、プロトタイプは中国のAppleのパートナーであるPegatronによって製造されており、他のApple iOSデバイスも製造しているといわれています。Apple従業員によるテストのため、少数のユニットがクパチーノに出荷されています。これらのプロトタイプは、少なくとも2018年1月から生産されています。

デバイスに関する情報はあまりありませんが、タッチスクリーン、SIMカードスロット、GPS、コンパス、耐水性があり、EFIも動作することはわかります。 EFI(Extensible Firmware Interface)はMacで使用されるブートシステムで、Starプロジェクトが潜在的に2020年に出荷予定の最初のARMベースMacになる可能性があると考えられています。