iOS 12では、ロック画面の大幅改善?ショートカット、常時オンモードなど

0
138


AppleがiOS 12を含む最新のソフトウェアアップデートを発表すると予想されるWWDC 2018が開催されるまで、ちょうど1週間くらいとなりました。ネット上では、AppleがiOS 12でなにを実現するか予測するコンセプトイメージが登場してきています。



iOS 12では、ロック画面でショートカット、常時オンモードなど

今週は、AppleがiOS 12でロック画面をどのように改造できるかを想像したコンセプトイメージを公開されています。このコンセプトでは、Apple Watchのような複雑なロック画面がイメージされています。

このコンセプトイメージのロック画面では、ユーザーが簡単にアクセスできるように配置された4つの異なるショートカットがあります。このアイコン上で3D Touchを使用すると詳細なビューが表示されるようになっています。画像へのアクセスや、電話アプリ、天気、音楽、株情報などへの迅速なアクセスが可能になります。

また、コンセプトは、iPhone Xユーザーの常時オンモードをイメージしています。Androidの携帯電話と同じように、常時モードでは時間などが「フェーディング効果」で表示されます。これは、ディスプレイが主に黒色のままで、時間とショートカットが明るいテキストで表示されるものです。

iOS 12は、主にバグ修正やパフォーマンスの向上に重点を置くことが予想されるため、これらのようなインターフェイスの強化が実際に見られるかどうか少し懐疑できです。

WWDCは6月5日火曜日 2AM に基調演説から開始される予定です。このイベントでは、iOS 12、watchOS 5、tvOS 12、macOS 10.14の公開が見込まれています。