Sketchデザインツールの最新アップデートは、公式にApple iOS 11 UIテンプレートが統合

0
291


人気のデザイン開発ツールであるSketchの最新版では、公式にiOS 11デザインテンプレートをアプリ内に統合する、Appleと提携したことを発表しました。



ワンクリックでApple iOSのUIライブラリをダウンロード可能に!

SketchユーザはワンクリックでApple iOSのUIライブラリをダウンロードできるようになり、新しいリソースが追加されると自動的にアップデートされます。

この統合によって、設計者は、アップルのシステム・アイコンのライブラリと、モックアップやキャンバスのインタフェース要素を活用することができます。

Apple iOSのUIライブラリをダウンロードしたら、ユーザーは[挿入]メニューから要素をすばやく追加できます。ツールバー、ボタン、グリフなどを追加します。 AppleはワンクリックでApple iOSのUIライブラリをダウンロードデザインのリソースをウェブサイトでしばらく提供していました。 Sketchアプリに正式に統合されたのはこれが初めてのことです。

これはSketchのユーザーにとっては一般的な機能であり、設計者は、iOS UIフレームワークの変更や追加に素早く移行できるようになります。 Sketchは、Appleライブラリが更新された場合にユーザーに通知します。そのため、既存のデザインをレビューして変更を検討することができます。

Sketch では、設計画面間での基本的なアニメーションやトランジションを可能にする、新しいプロトタイピング機能が含まれています。ミニKeynoteプレゼンテーションデッキに似ています。ビデオではデモンストレーションされた新しいPrototyping機能を見ることができます。

Sketchは開発者のウェブサイトから入手でき、現在は年間99ドルで販売されています。