iOS 12では、新しくNFCの機能が追加、iPhoneが安全なホテルルームキーに

0
170

The Informationによれば、AppleはiOS 12で、一部の開発者へ、iPhone 6で初めて導入されたiPhone内NFCチップにフルアクセスできる機能を提供する可能性があります。

このレポートによれば、Appleは、ホテルのドアのキーとしての機能や、簡単な交通手段のためのバーチャルトランジットカード機能など、Apple Pay決済以外の非接触式インタラクションにもiPhoneを使用できるようにすることを考えているようです。



iOS 12では、新しくNFCの機能が追加

Appleは、iOS 11でCoreNFCフレームワークを追加し、アプリ開発者がNFCの一部の機能使用できるようにしました。このフレームワークでは、アプリがRFIDタグの任意のスキャナとしてNFCチップを使用することを可能にします。しかし、その機能は非常に限られていました。

現在のNFC APIの主な欠点は、書き込みアクセスをサポートしていないだけでなく、アプリをフォアグラウンドにする必要があり、アプリがスキャンを開始するためには、Apple指定のシステムモーダルシートを提示しなければなりませんでした

これは、明らかに、機能のユースケースと利便性を制限してしまっていました。

iOS 12では、iPhoneの所有者がドアロックで携帯電話を近づけるだけで、特定のアクションは必要なく、鍵が開く、より洗練された機能を提供できると期待されています。

Apple Payと同じ方法です。特別なアプリは必要ありませんが、iPhoneは非接触端末の近くに置かれると自動的に起動します。情報によると、アップル社は既にキャンパスのセキュリティシステムを開発したHID Globalと提携して、アップルパークでこれらの機能を試しているといいます。アップル社の従業員はすでにiPhoneを使ってApple Parkの建物にアクセスしています。

いくつかのホテルは、低エネルギーBluetoothプロトコルを使用して、ドアキーとしてのiPhoneの簡単な「非接触」機能を既にサポートしています。これは意図しない方法で利用している機能のため、NFCより安全性が低いものになります。新しい取り決めでは、第三者が機密情報を保存するためにiPhone内部に埋め込まれた安全なエンクレーブ、セキュアエレメントと連動することも可能です。このような機能の採用は、iPhonesのNFCチップの普及が進めば大幅に増加する可能性があります。

来月のWWDCで、この分野の発表も期待されます。AppleはiOS 12とその他の主要なソフトウェアプラットフォームを発表します。 AppleがSDKに新しいAPIを追加して利用できるようにするのか、新しいNFC機能が選択されたパートナーのみに提供されるのかは明らかではありません。

The Informationの全レポートを読んでください。