Googleは、スマート返信、スヌーズ、その他の機能を備えたGmailウェブの再設計を予定

0
187

Googleは、スマート返信やグループ分けなどのインテリジェントな機能に焦点を当てたGmailの改訂を静かに発表しました。「新しいGmailの体験」の早期アクセスプログラムが「今後数週間」に開始されます。

G Suite管理者から受け取った3つのヒントによれば、このアップデートされた体験には「Gmailウェブインターフェースの新しいデザイン」が含まれています。



スマート返信、スヌーズ、その他の機能を備えたGmailウェブ

昨年からの古いスライドは、電子メールですばやい操作を行うために、オーバーレイと同様に、より顕著なラベルでよりよく間隔を置いたモックアップを示しています。それ以降、デザインはおそらく変化しており、マテリアルデザイン2の噂やGoogleの製品のリフレッシュが広がりました。

一方、G Suiteの管理者向けのメッセージでは、Googleのアプリケーションファミリは「Gmail内からの」カレンダーのようなサービスへの「容易なアクセス」を意味する統合が進んでいると記載されています。

スマート返信 – メッセージのコンテキストに基づいて3つの自動応答から選択できるようになりました。また、指定された時間まで受信トレイからの電子メールを一時的に隠す「スヌーズ」と同様の機能があります。

最後に、多くの一般的なChrome拡張機能は引き続き新しいGmail環境で動作することをコメントしていますが、「組織内で新しいGmailエクスペリエンスを広範囲に使用する前に、重要なChrome拡張機能をテストする」ことをおすすめています。

Gスイートを使用するビジネスユーザーのためのEAP発売は、「今後数週間」に予定されていますが、このメールでは、これらの変更が個人のGmailアカウントを持つユーザーでも利用できるようになることを記載しています。