アストンマーティンのLagondaコンセプトカーは息を呑むほどの近未来カー

0
204


Aston Martinのコンセプトカーは、コンセプトデザイナーが実用性や実現可能性をきにする必要がない世界へ誘ってくれます。内装は、全体を通して青々としたカーペットがひかれ、背もたれは手織りの羊毛製です。Aston MartinはSavile Rowテイラーを募集して細部を細かく作りこみました。



 アストンマーティンのLagondaコンセプトカー

 
Lagondaのレッグルームは非常に広々としており、プロバスケットボールの選手でさえ、快適な空間になるかもしれません。高級車を堪能したいのであれば、Lagondaはまさにうってつけです。屋根の一部は、通常の車のドアよりも大きく、巨大な扉に沿って開きます。

Lagonda Vision Conceptカーの大きさと形状にはおどろかされます。リムジンのような全長で、なめらかにおおきくカーブした流線型をしています。ほとんどの車のデザインは、このようなグランドデザインから始まりますが、最終的には洗練され、より現実的なもの、実際の道路で走行にてきしたものになりますが、アストン・マーティンは、あえてそのような最適化を避け、ロールス・ロイス・ビジョン100のリムジンにひってきするような豪華で優雅な車をめざしているようです。

Lagondaにはハンドルがありますが、自立運転を主軸に想像されています。 Aston Martinはレベル4の自律性を提供することが期待されます。レベル4の自律性はほとんどの状況下で自立して運転が可能で、ステアリングホイールで運転とを堪能するか、車内で優雅にブルジョワジーとなるかは所有者のこのみになるかもしれません。

 


 
LagondaはAston Martinの独創的な高級車として独自のブランドに成長しようとしています。世界の最初の「ゼロエミッション」高級車ブランドになることが期待されています。