GoogleアシスタントとPhotoアプリのGoogle Lens機能は、動植物の品種を識別可能に!

0
183


2018年のMobile World Congressで、GoogleはアシスタントとPhotoアプリの両方で、Google Lens機能の展開を発表しました。また、動物認識機能などの新機能も発表しています。さまざまな猫や犬の品種を認識するこの機能は、現在、一般ユーザー向けに公開されています。



GoogleアシスタントとPhotoアプリのLens機能

以前は、アシスタントや写真のレンズで犬や猫の写真を撮影すると、Googleは「猫のように見える」と曖昧な答えを返していました。Googleは改善の一環として、「異なる犬種や花の種類など、動植物を認識するための機能」を提供しています。

この機能がユーザーに表示されるようになり、ナショナルペットデーの一環として、AndroidとiOSの両方のアプリのレンズ機能が品種を特定し、より多くの情報を提供できるとGoogleは述べています。

一方、この機能は、Googleのフラッグシップデバイス上で、Googleアシスタントアプリのレンズにも表示されます。この認識は、複数のPixel 2 XLデバイスで動作しています。比較的単純な機能ですが、デモで遊んでみると楽しいものです。