Samsung Gear IconXアップデートは、イコライザー「Ambient Sound」モードなどを提供

0
347

サムスンのワイヤレスイヤホンは過去1年間ほど、大きな問題を起こしており、2016年に修正対応をして復帰しています。現在のSamsung Gear IconXは前世代よりも多く箇所が改善し、評価が高くなってきています。今回、さらにいくつかの機能を追加するアップデートがなされています。



Samsung Gear IconXのアップデート

今週初めにブログ記事で発表されたSamsung 2018年版 Gear IconXヘッドフォンは、すべてのユーザーにアップデートを提供開始しました。このアップデートに含まれている大きな新機能は、ベースブースト、ソフト、ダイナミック、クリア、トレブルブーストの5つのモードで、サウンドを微調整するイコライザーです。

さらに、新しいAmbient Soundチューナーもあります。この機能により、イヤホンを使用せず、周囲に音を出すことができます。この機能は、強さを調整することができ、さらに音声に集中させることもできます。

これにより、ユーザーは周囲の音に注意を払うことがより容易になります。これは、屋外での走行やサイクリング時に特に便利な機能です。

屋内では、イヤホンの新しいボイスフォーカス機能を有効にすることができます。この機能は、周囲の人の声を増幅します。

サムスンは、このアップデートにより、接続されたスマートフォンからIconXの4GB内蔵ストレージにオーディオトラックを直接ワイヤレス転送することができ、複数のトラックを一度に転送する際にケーブルが不要になります。

Gear IconXはスタンドアロンの音楽再生機能と4GBの内蔵ストレージを搭載しているため、トレーニング中に利用することができます。この新しいワイヤレス転送機能は、ユーザーがイヤホンの音楽ライブラリを管理する方法を合理化でき、ケーブルの必要性を排除、複数のトラックをワイヤレスで一度に追加できるようにします。

Gear IconXユーザーの方は、Samsung Gearアプリからアップデートを入手できます。