トヨタ、2019年のカローラハッチバックでCarPlayを展開

0
568

トヨタは本日、CarPlayが米国で、新しい2019カローラハッチバックの標準機能になると発表しました。

CarPlayとAmazon Alexaを搭載し、8インチのタッチスクリーン、Siri Eyes Free、AUX、USB 2.0ポート、Bluetooth経由のハンズフリー通話と音楽再生機能を搭載したEntune 3.0システムに組み込まれてます。また、オプションで、Qiベースのワイヤレス充電を備えたトレイが組み込まれます。

トヨタは来週ニューヨーク国際自動車ショーで2019カローラハッチバックをデビューさせる予定です。この車両は、2018年の夏に米国のディーラーで販売される予定です。価格と正確な在庫状況は明らかにされていません。

トヨタは、CarPlayをサポートしていない最後の主要自動車メーカーでしたが、1月に、2019年AvalonをAppleの車載ソフトウェアプラットフォームで互換性のある最初の車として導入しました。このプラットフォームは、電話、地図、メッセージ、音楽、Podcast、および選択したサードパーティのアプリケーションへの便利なアクセスを提供します。

トヨタはまだ他のCarPlay搭載車を明らかにしていないが、2019 Corolla Hatchbackが適合すれば2019年のCorollaセダンも搭載される可能性があります。 2019年Camryと2019 Siennaは、すでに2018年のモデルにEntune 3.0システムが装備され、CarPlayを搭載している可能性が高い。

Enform 2.0システムを搭載したLexus車もCarPlayをサポートします。残念ながら、トヨタの広報担当者は、現時点で2019年以前の車や他の国々でCarPlayをサポートする予定はないと語っています。