HD Vinyl レコードプレイヤー、高精細オーディオを実現した近未来のレコード

0
137

多くのオーディオファン、音楽愛好家にとって、レコードは好きな曲を楽しめる最高の方法です。カセットテープ、CD、iPodなど音楽を楽しむための最新のデバイスは、100年前からあるレコード盤を過去のものに追いやってしまいましたが、新しいスタートアップ企業は、画期的なアイディアを思いつき、全く新しい高品位バージョンのレコードを作成することに成功し、レコードプレイヤー (LP) に命を吹き込むことを目指しています。



HD Vinyl レコードプレイヤー、高精細オーディオを実現した近未来のレコード

最近登場したメディア規格であるHD Vinylは、デジタルオーディオストリーミングやさまざまなハイエンドの音楽再生デバイスによって、マーケットで重要なポイジションになりつつあります。オーストリアを拠点とするスタートアップRebeat Innovation社は、ビニール製LPの再生時間を最大30%増やし、30%の音量を増強、より忠実なオーディオ再生を実現することができる技術を開発しました。

HDビニールのレコードは、以前の古いレコードとほとんど見た目は変わらないものですが、音の出し方や作り方に大きな違いがあります。実際には、ハイビジョンレコードで必要とされる高品質の音を、Rebeat Innovation社独自のプロダクションプロセスによって実現しています。このプロセスの最初のステップは、デジタルオーディオファイルを3D地形図に変換することです。

Rebeat Innovationでは、古いレコードが針の溝をビニールの表面に刻むように作られていますが、Rebeat Innovationはより高精度な手法を採用しています。レーザー彫刻プロセスにより、HDビニールのレコードは、より高品質なオーディオを実現することができるようになります。レーザー方式では、アナロググルーブの形状に完全に一致するビニールにリベットを作り、伝統的なレコードプレーヤーで演奏したときに音楽をよりよく鳴らすことができます。

HD Vinyl レコードプレイヤーが消費者に届くまでにはかなりの時間がかかる可能性があります。いまのスケジュールによると、2019年に発売予定日となっています。