東芝は、ステキなデザインではないけど、完全なARメガネを製作

0
341


東芝が新しいdynaEdge ARスマートメガネをリリースしました。 完全には今日1,899ドルから製品を販売開始しており、おもにビジネスユーザーを対象にしている。



東芝が新しいdynaEdge ARスマートメガネをリリース

この商品をAR Glassesと呼ぶのは少し誤解を招くかも知れません。ヘッドアップディスプレイなので、実際にはメガネではありません。東芝は、これを支援型ARと呼んでいる。そして、「メガネ」の部分は、それぞれ自分で用意することができ、眼鏡、安全ゴーグル、ハード・ハットなど、さまざまなフォーム・ファクターに取り付けることができます。処理能力はすべて、USB-Cを介してディスプレイアームに接続された東芝のdynaEdgeミニPCにあります。

東芝の目標は、ビジネスワーカーが書類やPDFを見たり、写真を録画して送信したり、ヘッドセットから遠隔のビデオチャットを直接開始することができるようにすることです。

dynaEdge Mobile Mini PCは、昨年8月に発売されたため、一部は新しいものではありません。Windows 10で動作し、インテルCore Mプロセッサ、6GBのRAM、512GBの内蔵ストレージを搭載、1回の充電で最大6時間持続します。ミニPCには5つの物理的なボタンもありますが、全体的な考え方として、PCを手動で制御する必要がないようになっています。

その代わりに、ヘッドマウントディスプレイアームのタッチセンサー式スワイプパッドまたは音声コントロール、つまり「メガネ」部分を使用します。dynaEdgeには、近接センサー、周囲光センサー、LEDライト、GPS、コンパス、ジャイロスコープ、カメラ、スピーカー、マイク、そしてもちろん640×360の四分の一インチサイズのディスプレイがあります。