ダイソンは、次世代360 Heuristロボット掃除機を発表!、360度アイ搭載で大幅に改善!

0
114


ダイソン社は、2015年に最初のロボットバキューム掃除機の販売開始しました。今日、最新のロボットバキューム掃除機を新たに発表しました。

北京で発表されたDyson 360 Heuristには、すばらしいアップグレードが施されています。より良いプロセッサと操作性、上部のカメラの周りのLEDライトリングなどがあります。



ダイソンは、次世代360 Heuristロボット掃除機を発表!、360度アイ搭載で大幅に改善!

ダイソンは、一般的に市場で最も高価なバキューム式掃除機メーカーの1つであり、ダイソンには製品に関する保証が含まれています。ダイソンは長年使用できるため、多くの人がこの製品をで購入しています。

同社の最新のロボット掃除機は、確かにハイエンドモデルです。 360 Eyeは、上部にカメラを詰め込んでおり、どの場所にいるか、きれいになっているのか、何が必要なのかを自動で分析し掃除を行えるユニークな製品です。

しかし、360 Eyeにはいくつかの欠点がありました。周りが暗い場合、うまく機能せず、掃除すべきスポットを見逃す可能性がありました。これを解決するために、ダイソン360 Heuristはカメラの周りにLEDリングを追加し、くらい部屋でも周囲を確認できるようにしています

Engadgetによると、プロセッサーのアップグレードにより、360 Heuristはその環境に関する詳細を60%以上把握できるようになり、衝突する可能性を50%近く減らすことができます。

新しい360 Heuristでは吸引力が約20%向上しています。360 Heuristは、再充電まで約40分の稼働する事ができ、再充電せずに部屋のほとんどを清掃することができます。

Amazon Alexa対応デバイスを使用することで、Dyson 360 Heuristを音声で制御することができます。この時点で悲しいことにHomeKitのサポートはありません。

ダイソンに欠けている特徴の1つは、自動でゴミ箱を空にする機能です。最近、iRobotの最新機種Roomba i7 +がこの機能を搭載しました。