AR機能を搭載したApple Glassesイメージ!

0
374

多数、報告されている内容によると、アップルは拡張現実(AR)メガネを開発しており、今後2年の間にリリースされる事が予測されています。このApple Glassesについてはほとんど知られていないが、iDrop Newsは、「Apple Glasses」がどのようになるかを想像できる、レンダリングイメージを公開しています。



Apple Glassesレンダリングイメージ

これら、想像上のアップルメガネのフレームは、「高品質の金属」から作られていますが、「カメラ、センサー、ワイヤレスアンテナ」を収容する上部にはノッチエリアがあります。

ここで想像している主なデザインは、さまざまな情報を投影できるヘッドアップディスプレイです。下の画像でわかるように、この画面から、Siri、時間、アクティビティの進行状況、バッテリ寿命にすぐにアクセスできます。ここでは、拡張現実感技術が格納されている場所にレンズがあると推測しています。

これらのレンズでは、実際の「拡張現実」ディスプレイが、おそらく、装置のフレームに内蔵された小型のマイクロプロジェクタから投影される事を想定しています。

レンダリングでは、Apple Glassesの充電方法も想像しています。本質的に、Qi無線充電パッドに置くことで充電ができます。

これらのレンダリングは現実よりも楽しいものです。彼らのApple Watchの初期のレンダリングを思い出させてくれました。Apple Watchでは飛び抜けたイメージでしたが、ワクワクする内容になっていました。

アップルは、2019年または2020年初にリリース予定の拡張現実感メガネを開発していると言われています。同社は、今年のCESで増設されたリアルタイムコンポーネントメーカーと会談し、別の報告書によると、アップルの製造業者は、スマートグラスのレンズを製造する計画を進めているといいます。

さらに、ティム・クック氏は、拡張現実の未来を非常に前向きで、アップルは技術の進歩について多くの計画を立てていると述べている。