ロサンゼルスドローン映画祭でベストインショーを受賞したショートフィルム

0
116

ロバート・マッキントッシュは、ショートフィルム「マッスルアップ」を「世界最小のHD無人機」で撮影した。彼のビデオは、短編映画の祭典、12月のロサンゼルスドローン映画祭で「ベストインショー」を受賞し、賞金23,000ドルを受け取りました。



世界最小のHDドローンで撮影されたショートムービー

Robert McIntoshはビデオエフェクトのスペシャリストです。彼が賞を受賞したビデオは下の動画になります。

彼はGoProカメラを取り付けた小型ドローンを特注で製作しました。

McIntoshは次のように語っています。「これは世界で最も小さいHDカメラを搭載した無人機で、マッスルビーチCAの壮大な連続撮影を撮影したものです。 」

小型無人機はバッテリーとフォームロールケージを取り付けた状態でわずか3.34オンス(94.7グラム)と約4.23オンス(120グラム)しかありません。参考までに、GoPro HERO6 Blackカメラの重さは4.13オンス(117グラム)なので、McIntoshの無人機/ GoProの組み合わせの重量は通常のGoProよりも少なくなります。

短編映画はすべてワンショットで撮影され、後ろ向きに再生されるように編集されました。それは興味深いビデオを作りで、熟練したパイロットがドローンをうまく操作しているからこそ成せる映像です。 Vimeoでは多くのコメントを集め、12月のロサンゼルスドローン映画祭で2つの賞を受賞しました!

この動画では、元の映像(前方向撮影)も確認できます。編集は、Adobe After Effects用のReelSteadyソフトウェアを使用してビデオを滑らかにしているようです。