iPhoneとiPadでiCloudミュージックライブラリを無効にする方法

0
115

Apple Musicは優れたサービスですが、一部のユーザーは自分の個人用ライブラリをストリーミングライブラリとは別にしたいと考えています。これは、単にiCloud Music Libraryを無効に設定するだけで可能になります。

すべてのデバイスですべての音楽を同期させたい場合は、iCloudミュージックライブラリは素晴らしい機能になります。特に、音楽の大半がiTunes StoreまたはApple Musicから提供されている場合、Apple Music Libraryを純粋に持っていれば、すべての音楽が同期できます。逆にそれ以外のケースで統一化したくない場合は、iCloudミュージックライブラリをオフにする事で実現できます。今回は、iCloudミュージックライブラリをオフにする方法をご紹介します。



iPhoneとiPadでiCloudミュージックライブラリを無効にする方法

設定>音楽を開きます

iCloudミュージックライブラリを切り替えます。プロンプトが表示されたら、オフを選択します

これで完了です。 iCloudミュージックライブラリを使用すると、いつでもどこからでも、すべてのデバイスで音楽にアクセスできますが、音楽ライブラリを手元に置いておきたい場合にこの設定は有効です。

音楽をたくさん集めていた場合や、高品質のリスニングのために高品質のミュージックライブラリを端末に構築したい場合は特にそうです。まれなケースですが、iCloud Music Libraryは高品質のオーディオファイルを低品質のiTunes Storeのコピーに置き換えてしまう事があります。