AirPods Proの各種センサーコントロールをカスタマイズする方法

0
310

AirPods Proには新しくアクティブノイズキャンセリング機能や、外部音取り込みモードなどの優れた機能が搭載されました。 更新されたフォームに加えて、AirPods Proの各種センサーでは、 プレス速度センサーや、プレス時間センサー、左右の力感知センサー機能など新しいコントロール機能が搭載されています。今回はAirPods Proのセンサーコントロールをカスタマイズする方法をご紹介します。

AirPodsでは、各種コントロールにイヤフォンのダブルタップを使用します。 この機能は各イヤフォンに組み込まれている力センサーを使用しています。 AirPods Proでは、さらに豊富なセンサーコントールがイヤフォンに搭載されており、長押し(Appleは長押しと呼んでいますが、実際には2本の指が必要です)で「アクティブノイズキャンセリング」と「外部音取り込みモード」を切り替えます。一方、シングル、ダブル、トリプルタップはオーディオ再生をコントロールできます。

今回は、アクティブノイズキャンセリング、外部音取り込みモード、もしくはオフに切り替える方法と、プレススピードやプレス時間などのフォースセンサーで実行できるアクションをカスタマイズする方法をご紹介します。



AirPods Proコントロールをカスタマイズする方法

左右のAirPod Proフォースセンサーのカスタマイズ

  1. iPhoneで、「設定」> 「Bluetooth」に移動します
  2. 「AirPods Pro」の横にある「i」をタップします(接続されていることを確認してください)
  3. 「AirPodsを押し続ける」で、左または右を選択します
  4. AirPodフォースセンサーによるコントールを、「ノイズコントロール」か「Siri」にするか選択します。ノイズコントロールに「オフ」にすることもできます。

下の画像にある別の設定では、AirPods Proのマイクの動作をカスタマイズすることができます。



AirPods Pro コントロールでプレス速度と持続時間をカスタマイズする方法

  1. 「設定」を開き、「ユーザー補助」に移動します
  2. 下にスワイプして「AirPods」をタップします
  3. デフォルト以外のものを選択して、「プレス速度」と「プレスアンドホールド時間」を調整します