Google Tasksのレビュー、まだまだ足りない機能あり?

0
602

Googleは、Tasksを完全なスタンドアロンサービスに分割し、独自のモバイルアプリを使い、新しいGmailの再設計に深く統合することで、首尾一貫したTo-doリストアプリをまとめることにもう一度挑戦している。

この新しいアプリは、長年にわたってGmailに組み込まれていたタスク機能を独立かされたもので、すっきりとしたクリーンなUIと、すべてのTo Doアイテムの中心的なハブとして機能するように設計されています 。残念ながら、Google タスクには、まだ欠けている機能や競合サービスに比べて足りない機能があるようです。



Google Tasksのレビュー

Google Tasksは、マテリアルデザインの新しい外観と、アプリ全体を通してGoogle PixelのProduct Sansフォントを使用したスライドショーなをがあります、Tasksが目指している最大の課題は、Gmailの統合です。更新されたGmailのウェブ版には、いつでも利用できるサイドバーとしてのタスクがあり、メールをドラッグアンドドロップしてリストアイテムにすることができます。受信トレイを二次的な予定リストとして使用しているユーザーがいることを考えると、Gmailからタスクを整理してすぐに追加することができれば便利です。

Googleはまた、ToDoリストアプリの基本機能のほとんどをTasksとともに使用しています。複数のリストを作成したり、アイテムに日付を割り当てたり(ソートの唯一のオプションで、手動でドラッグするほかに)、タスクにメモを追加したり、親タスクの下に複数のサブタスクを追加することができます。また、メニューやアカウントの間を移動したり、デスクトップサイトからモバイルアプリまで同期したりするときに、アプリ自体は高速です。

残念なことに、これらの基本機能はタスクで実行できるすべての機能です。 タスクを特定の時間を指定してリマインド設定することはできません。これは改善が欲しい大きない機能です。異なる優先度のアイテムをランク付けするオプションもありません。特定のタスクのリストを検索する機能もなく、繰り返しタスクはできません。アイテムをフィルタリングするカテゴリやタグシステムもないようです。モバイルアプリにはいくつかの種類の通知がありますが、タスクでは時間や納期を割り当てることができないため、ポップアップを制御する方法がありません。

また、Googleのリマインダー(GoogleカレンダーとGoogle Keepの一部)はまだ存在しており、特定の時間や定期的なタスクをスケジュールするなど、Tasksにはない機能が備わっています。しかし、Tasksアプリの欠点を埋める連携はまだできないようです

。Googleでは、タスクとリマインダーを手動で切り替える必要があります。

タスクは過去10年の典型的なGoogle製品とよく似ています。出荷したアプリやサービスを修正するのではなく、機能の一部を改良して独立したアプリとして提供されています。これは、メッセージング(トーク、ハングアウト、ボイス、メッセンジャー、Allo、チャットなど)やGoogle EarthとGoogle Mapsが別々のアプリである点からも独立したアプリとして維持したいGoogleの意向を読み取れます。

Google Tasksには優れたToDoリストの基礎機能がありますが、TodoistやThingsのようなフル機能のサービスを置き換えるほどではないようです。