macOS Mojaveスクリーンショット機能をマスターする方法

0
69

Macのチュートリアル作成などで、スクリーンショットを撮ることは結構、骨のおれる作業です。以前のバージョンのmacOSでスクリーンショット機能では、スクリーンショットを撮るためのキーボードショートカットには頼よる必要がありましたが、macOSのMojaveスクリーンショットはグラフィカルユーザーインターフェイスを備えた新しいユーティリティを提供し、簡単に色々なスクリーンショットが取れるようになっています。 今回は、macOS Mojaveの新しいスクリーンショット機能使い方をご紹介します。



macOS Mojaveスクリーンショット機能をマスターする方法

Command + Shift + 5を押して、表示されるScreenshotユーティリティから撮りたいスクリーンショットタイプを選択します

  • 画面全体をキャプチャする
  • 選択したウィンドウをキャプチャする
  • 選択した部分をキャプチャする

また下記のツールを選択すると、ユーザーはQuickTimeと同じように画面を記録できます。記録オプションは次のとおりです。

画面全体を記録する
選択した部分を記録する

画面のキャプチャと録画の機能に加えて、デフォルトの保存場所を変更するためのオプションと、完璧なタイミングのスクリーンショットを撮るためのカウントダウンタイマーを有効にするオプションがあります。

また、ディスプレイの右下にフローティングサムネイルプレビューを無効にするオプションや、Screenshotユーティリティを再び使用するときの最後の選択を覚えておくオプションもあります。

スクリーンショットをキャプチャするために、マウスカーソルを隠すか表示するオプションがあります。同様に、画面録画を実行する際にマウスクリックを表示するオプションもあります。

ユーザは、Screenshotユーティリティインタフェースを目的の場所にドラッグするだけで、その位置を変更することができます。画面の下の領域の近くにドラッグして、元の場所に戻すことができます。


macOS Mojave ScreenshotユーティリティのUIは、撮ったスクリーンショットやスクリーンキャプチャには表示されません。

昔ながらのスクリーンショット機能を使う方法

昔からのMacユーザーなら、おそらくデフォルトのスクリーンショットを撮るキーボードショートカットに精通しているでしょう。ありがたいことに、これらのショートカットはまだmacOS Mojaveで使用できます。

キーボードショートカットを使用して、画面全体をキャプチャするには、Command + Shift + 3

画面の選択した部分をキャプチャするには、Command + Shift + 4を押し、マウスを使用してドラッグして、キャプチャしたい画面の領域を選択します

選択したウィンドウをキャプチャするには、Command + Shift + 4を押しながらスペースバーを押し、キャプチャしたいウィンドウをハイライトし、マウスでクリックするか、キーボードのReturnキーを押します

スクリーンショットを撮った後は、以前のバージョンのmacOSと同じようにデスクトップに即座に表示されませんが、代わりに、macOS Mojaveはスクリーンの右下にスクリーンショットのフローティングサムネイルを表示するiOSのようなシステムを採用しています。

これにより、ユーザはデフォルトの場所に保存される前にスクリーンショットとやり取りできます。この方法を採用することで、ユーザーはスクリーンショットをすばやく編集し、ドラッグ&ドロップ、共有することができます。