マイクロソフト、Mac版Office 2019のボリュームライセンスを提供開始

0
170

マイクロソフトは本日、Mac版Office 2019 ボリュームライセンスを提供開始しました。この新しいバージョンのは、Office 365サブスクリプションサービスに切り替わっていないユーザーや企業に対してのみ行われます。



マイクロソフト、Mac版Office 2019のボリュームライセンスを提供開始

新しいバージョンは基本的にOffice 365が過去数年間提供してきたすべての機能を搭載しており、買い切りで購入できます。 Office 2019には、Word、PowerPoint、Outlook、Excel、Outlook、およびその他のOfficeアプリケーションスイートの更新が含まれます。

Office 2019には、ローミングペンシルケースとリボンカスタマイズがすべてのOfficeアプリケーションに含まれます。マイクロソフトでは、Wordへのフォーカスモード、新しいトランスレータの追加、アクセシビリティの向上を提供しています。モーフトランジション、SVGと3Dモデルのサポート、イン・クリック・シーケンス、4kビデオのエクスポートはすべてPowerPointに送られます。

企業向けの、Exchange、Skype、SharePoint、およびProject Server 2019は、今後数週間以内にリリースされる予定です。