macOS Mojaveの提供開始!ダークモード、ニュース、ホームアプリなどで利用可能に

0
106


Macオペレーティングシステムの新しいメジャーバージョン、macOS Mojaveが利用可能になりました。このバージョン10.14では、システム全体のダークモード、Apple NewsやHomeのような新しいアプリケーション、デスクトップを整理する新しい機能などが利用可能です。



macOS Mojaveの提供開始!ダークモード、ニュース、ホームアプリなどで利用可能に

macOS Mojaveは、下記ののMacでアップグレード可能で、Mac App Storeから無料でアップデートできます。

  • 2012年中頃以降に導入されたMacBook Airモデル
  • 2012年中頃以降に導入されたMacBook Proモデル
  • 2012年後半に導入されたMac miniモデル
  • 2012年後半に導入されたiMacモデルまたはそれ以降iMac Pro(全モデル)
  • 2013年後半に導入されたMac Proモデル、2010年半ば、または2012年中旬に推奨されるメタル対応グラフィックスプロセッサ搭載モデル(MSI Gaming Radeon RX 560およびSapphire Radeon PULSE RX 580を含む)

macOS Mojave

macOS Mojaveには、ファイルの操作方法や情報へのアクセス方法を改善するためのいくつかの新機能があります。バージョン10.14には、既存のワークフローを変える可能性のある変更はほとんど含まれていませんが、アップグレードする前に、アプリの互換性を確認する必要があります。

MacOS Mojaveは32ビットアプリケーションが動作する最後のバージョンで、Back to my Macは廃止されました。

ダークモード

MacOSの最近のバージョンでは、Dockとメニューバーでダークモードが利用できていましたが、MacOS Mojaveは真のダークモードを搭載しています。 Finder、Safari、Photos、iTunes、さらにはサードパーティ製アプリなどで利用できます。

ライトモードとダークモードは、システム環境設定の「一般」で変更できます。起動時にモード切り替えを自動化するオプションは内蔵されていません。 macOS Mojaveには8種類の外観色があり、Macの見た目を変えることができます。

ダイナミックデスクトップ

macOS MojaveはDynamic Desktopという新しい壁紙スタイルを導入しました。バージョン10.14には、砂漠画像のカラーベース、Solar Gradientsの2つのバージョンが含まれています。

ダイナミックデスクトップの壁紙は、起動時の場所に基づいて日中の外観を変更します。昼間は明るい壁紙、夜間は暗い色の壁紙が表示されます。ただし、ダークモードを使用すると、ダイナミックデスクトップは暗い色に制限されます。

アプリ

アップルニュース、金融市場や関連ニュースを提供する株価、HomeKitアクセサリの管理と管理のためのホーム、音声を録音したり、iOSで録音したクリップにアクセスするための音声メモなどのアプリが搭載されました。
Safariは、favicons、またはウェブサイトのアイコンをタブに追加する機能を備えています。新しいメッセージを作成するときに、ツールバーの新しいメールボックスソート候補と、絵文字ピッカーボタンが追加されます。

Siri

Appleの音声アシスタントはmacOS SierraでMacに登場しました。今日、Mac上のSiriは新しい機能を追加しアップグレードしています。 Mac上のSiriはHomeKitと動作するようになりました。 Siriを使用して、保存されたパスワード情報を参照することもできます。



ファイル

macOS Mojaveには、Mac上のファイルを操作するためのいくつかの新しいツールが含まれています。

Stacksを使用すると、タイプ、日付、タグなど、デスクトップ上の関連ファイルをグループ化できます。
Finderには、一般的なタスクを簡単にアクセスできる新しいギャラリービュー、クイックアクションが追加されました。クイックルックでは、プレビューやQuickTimeを開くことなくイメージやビデオを操作できます。
スクリーンショットは、画像の編集やスクリーンキャストのキャプチャを容易にするために改造されました。 Shift + Command+5を押して、新しいキャプチャツールにアクセスしできます。

Continuity Cameraでは、iPhone、iPadでキャプチャした写真やビデオをMacのメッセージ、メール、ページなどのアプリケーションに挿入できます。

FaceTime

macOS Mojaveは、今後のアップデートで最大32人が参加可能なGroup FaceTimeを利用できます。バージョン10.14にはまだこの機能は含まれていませんが、iOS 12.1およびMacOS 10.14.1以降では10月頃にリリースされる予定です。