新しい薄型ベゼルiPad Proのレンダリングイメージ登場!

0
121

新しいiPad Proのメジャーアップデートが今年行われる予定です。ここ最近は、ハードウェアの正確な工業デザインデータが流出していました。新しい11インチと12.9インチのiPad Proが今年末までに発売されることが予測されますが、9月のiPhone XSイベントで登場するかは不明です。



新しい薄型ベゼルiPad Proのレンダリングイメージ登場!

MySmartPriceは最新の回路図やリークに基づいて、新しいiPadがどのような形状になるか3Dのレンダリングイメージを作成しました。これらのレンダリングでは、より薄い等距離のベゼルに加えて、Appleが過去のiPad世代であった、湾曲して面取りされたエッジを新しい四角形の平らな側面に変更しているか事が確認できます。また、興味深い点では、新しいiPadでは、iPhoneスタイルのアンテナラインを搭載しているようです。

現在のiPad Proモデルには、左側から入りし、下方に伸び、右側から出ているする1本のアンテナラインがあります。

新しい携帯電話のiPadは、デバイスの上部と下部にアンテナラインを備えています。この新しいレンダリングイメージは、単なるファンモックアップではなく流出した回路図を元に作られており、精度が高いものといけるかもしれません。

SIMトレイは、iPadの側面の中央に移動しているように見えます。スマートコネクタは以前に噂されていたように裏面に再配置されています。ライトニングポートの位置には変更されていません。

この最新のレポートの混乱する要素の1つは、SIMトレーの反対側に不明な箇所があることです。

明らかに、ベゼルは全体的に劇的に小さくなっていますが、ノッチを作る必要なく、Face IDセンサーとフロントカメラを収容できる大きさです。

レンダリングイメージのコンセプトビデオはこちら