Macで「名前を付けて保存」機能の復元方法

0
66

macOSの最近の改訂版では、Appleはキーボードショートカットの「Shift+Command+S」にファイル複製機能を割り当て、古い「名前を付けて保存」機能を入れ替えました。そのため、Pages文書など、「Shift+Command+S」を押すと、名前を変更して別の場所に再配置するのではなく、元の場所と同じ場所に、ファイル名に「コピー」を付けて同じバージョンを作成するようになりました。

多くの人にとって大きな問題ではありませんが、昔のやり方にもどしたいと思うユーザーには、「名前を付けて保存」を復元する方法があります。今回は、「名前を付けて保存」を復元する方法をご紹介します。



Macで「名前を付けて保存」機能の復元方法

この機能を元に戻したいが、デフォルトの複製オプションも使いたい場合は、Optionキーを押しながらファイルメニューをクリックするだけで、切り替えることができます。

システム環境設定>キーボードを起動します

「ショートカット」をタップし、次に「アプリ」のショートカットをタップします。

新しいショートカットを追加するには、+ボタンをタップします

[名前を付けて保存]を[メニューのタイトル]フィールドに入力します

[キーボードショートカット]ボックスに、使用するキーボードショートカット「Shift+Command+S」を入力します


完了したら、追加ボタンをタップします。


これで、[名前を付けて保存]がデフォルトの「Shift+Command+S」ショートカットに置き換わります。