Sonosは、IPOにむけ企業評価額30億ドルで書類申請

0
113

スマートスピーカーとオーディオ会社のSonosは、ウォールストリート・ジャーナルの報道によると、今年夏に株式公開を予定していることを証券取引委員会に報告したといいます。同報告書によれば、SonosはIPOで数億ドルの資金調達を行い、市場価値は約2.5〜30億ドルになる可能性が高いとしている。 IPOは6月におこなわれる予定のようです。



Sonosは、企業評価額30億ドルでIPO?

Sonosは2002年以来、ワイヤレススピーカーに多額の投資を行っているオーディオハードウェア企業の1つです。Sonosは、家庭用オーディオ・スペースで大規模なプレーヤーに成長し、音楽ストリーミング・サービスでプラットフォームにとらわれないアプローチと、Amazon Alexaアシスタントとの統合により、年間収入は10億ドルを超えています。今や、Sonosは、ハイエンドの家庭用オーディオブランドと、Appleのようなハイテク企業と競う企業へと成長しました。

Sonosの強みは、スマートフォンのオペレーティングシステムとストリーミングサービスの組み合わせで、製品のデザインと全体的な品質にあります。 Sonosはマルチルームワイアレスオーディオに対応sる最初の機器メーカーにもなる予定です。同社の最新製品には、Sonos Oneスマートスピーカー(Alexaとの統合)と、Sonosサラウンドシステムを中心とする高価な699ドルのPlaybase TVスピーカーがあります。