AppleはSwift 4.1をリリースし、コア言語、新しいビルドオプションなどをアップデート

0
226

今日、AppleはSwift 4.1をリリースしました。新しいアップデートは、小さなものの、コア言語のアップデート、新しいビルドオプション、Swift Package ManagerとFoundationのマイナーな機能拡張が含まれています。アップルは、Swift 4.0で書かれたコードはSwift 4.1と互換性があると述べています。



AppleはSwift 4.1をリリース

このリリースでは、新しいコードサイズの最適化や、ターゲット環境とプラットフォームのサポートを指定するための簡単な方法など、ビルドを構成するさまざまな方法が提供されています。

より顕著な機能の1つは、開発者がソースコードのサイズを大幅に縮小するのに役立つ新しい最適化モードです。また、このアップデートにより、いくつかのジェネリックサポートが強化されています。

同社のSwiftウェブサイトには、機能や変更の完全なリストがあります。