ライカ、新しいMシリーズ、ステルスエディションカメラを発表

0
237

Leicaは、カメラ業界の巨匠で、過去100年にわたり市場に最高のカメラを提供し続けています。そのアイディアは過去に無数のヒットをもたらしました。今日、Leicaは人気のあるMシリーズMonochromカメラの新しい限定版を発表しました。



ライカ、新しいMシリーズ

典型的なライカのラインアップでは、このタイプの製品ラインは安くはありません。 Monochrom Typ 246の新しいステルス版は15,760ドルで販売されます。

最も顕著違いは、新しいバージョンには
バンドルドレンズが同梱されていることです。これはは、3,000ドルの価値があるものです。 Summicron-M 35mm f / 2 ASPH光学系はベースモデルには含まれていないため、限定価格5,000ドルで追加購入することができます。

ライカ、新しいMシリーズ・スペシャルエディションでは、ステルスカバーが全黒のカメラになっています。ライトを消すと、特別に作られた塗料が輝きます。塗料自体は耐擦傷性がある無光沢の仕上げです。

過去にタイプMの限定版モデルを見てきましたが、最近のモデルは昨年末にリリースしていますが、今日のタイプM限定版は全世界でわずか125台に制限されています。このタイプM限定版は、Rag&Boneの創設者Marcus Wainwrightとコラボレーションして作られています。

Leichaは2012年にMonochromカメラを初めて導入し、2015年に追加のアップデートを実施、現在のバージョンに至っています。

1080pとライカの社内24MPセンサを完全にサポートしています。 6400以上に及ぶISO範囲のおかげで、きわめて詳細な画像を提供します。バックハンドのマニュアルデザインは、長年、愛されているLeicaスタイルを提供します。 Mシリーズはライカの社内Rレンズのすべてにも対応しています。

新しいステルス版モノクロームは、ベルビュー、ボストン、ラスベガス、ワシントンDCの各地のライカの小売店で今日から購入可能です。