Apple Watch、ソリッドステートタイプのサイドボタンとデジタルクラウンを採用?

0
192


WWDCで新しいApple Watchを見ることはできませんでしたが、この秋、他のAppleハードウェアと共に発表される可能性は非常に高いです。

変更点の1つは、ソリッドステートボタンを採用し、物理ボタンを削除する可能があります。 Fast Companyは、物理的なサイドボタンとDigital Crownを、Appleがタッチセンシティブなソリッドステートボタンに置き換えると報告しています。



Apple Watch、ソリッドステートタイプのサイドボタンとデジタルクラウンを採用

現在のApple Watchでは、コンテンツをナビゲートするためにDigital Crownを物理的に回す必要がありますが、AppleのTaptic Engineを使いボタンプレス自体がシミュレートされる可能性があります。

Appleは、ソリッドステートのホームボタンをiPhone 7で採用し、Macのトラックパッドはすべてソリッドステートに変更になったため、Apple Watchでの採用も驚くことではありません。

この対応は、デジタルクラウンとウォッチハウジングの物理的な隙間を取り除き、防水性が向上するものとなっています。さらに設計上、ソリッド・ステート・ボタンは、より多くの内部空間を可能にします。

アップルは、Apple Watchでタッチセンシティブなデータを使用し、多くの心臓関連データを収集できるようにしたいと考えています。いくつかの種類の測定では、複数の心拍数データソースが必要です。