Snapseedは、Androidアプリで最初のアップデート!ダークテーマ、適応アイコンを追加

0
238

Googleは2012年にSnapseed社を買収し、後にプロレベルの写真編集アプリSnapseedを無料にしました。最近は、アプリの更新はほとんどありませんでしたが、今回のアップデートでは、ダークテーマが追加されています。

2017年9月に、Snapseed、最後のメジャーアップデートでは、ツールを簡単にアクセスできるようにするため、アプリを完全に再設計していました。さらに、もとのダークテーマから明るいライトテーマに切り替えていました。画像編集の背景は、さまざまなメニュー項目と同様に、より明るい外観を採用しました。



Snapseedは、Androidアプリで最初のアップデート!ダークテーマ、適応アイコンを追加

今週のバージョン2.19では、ユーザーは元のダークテーマを選択する事ができます。ユーザーは「ダークテーマ」のオン/オフを切り替えることができる新しい外観設定があります。このトグルは簡単にアクセスでき、現在の編集を中断することなく切り替えることができます。

Darkテーマは色がより灰色で、さまざまな画像オプションを透明に調整するメニューがあります。一方、選択されたツールは引き続き青色で強調表示されます。

今回のアップデートのもう一つの変更点は、Android Oreoの適応型アイコンのサポートです。 Snapseedアイコンは、白い形の中に配置され、円、四角型になります。

アップデートでも、Snapseedアプリは引き続きGoogle Photosのツールよりも強力な編集機能を提供します。Googleは今後もそれを維持していきたいと考えています。

更新方法

Snapseedのバージョン2.19は現在Playストア経由で公開されています。著作権や削除の可能性に関する法律上の問題を考慮して、APKを直接ダウンロードする必要はありません。