macOS Catalinaで、iTunesを使わずiPhoneとiPadをMacに同期する方法

0
426

macOS CatalinaでiTunesが廃止され、代わりにミュージック、テレビ、ポッドキャストアプリに置き換えられています。 これにより、iPhoneおよびiPad(Apple TVも)の同期、バックアップ、更新、復元は以前のmacOSでiTunesを使っていた方法と完全に異なります。 今回は、macOS CatalinaでiTunesを使わずにiPhoneとiPadをMacに同期する方法をご紹介します。

macOS CatalinaではiTunesが廃止されたため、iPhoneやiPadのデバイス管理にFinderを使う方式に変更されました。 iPhoneとiPadを同期、バックアップ、更新、復元にはFinderを使います。



macOS Catalinaで、iTunesを使わずiPhoneとiPadをMacに同期する方法

  1. iPhoneまたはiPadをLightningまたはUSB-CケーブルでMacに接続します
  2. 自動的にFinderが開かない場合は、Finderを起動します
  3. 左側のサイドバーの「場所」で、接続しているiPhoneまたはiPadを探してクリックします。
  4.  Finderの右側に接続されたiPhone/iPadの詳細画面が表示されます。ここで同期、バックアップ、更新、復元の操作を行います。