Parrotは、低価格のAnafiドローンをリリース!折りたたみ式、4k、HDR、21MP対応!

0
461


フランスの無人機メーカー、Parrotは、ニューヨークで全く新しいAnafiドローンを発表しました。この軽量で折畳み可能なドローンの設計にじゃ、カブトムシなどの昆虫からのインスピレーションを受けています。ドローンは非常に軽量(320グラム)で、非常に小さなパッケージに折り畳み可能です。 Anafiは21MPソニーセンサーを搭載し、4Kビデオ、HDR写真、インテリジェントな飛行機能を搭載しています。音も非常に静かで、はるかに目立たない音になってきています。

新しいParrotのドローンは、699.99ドルの価格でプリオーダー可能で、7月1日から販売されます。配送は7月2日から開始されます。



Parrot Anafiドローン

フランスの「Parrot」のデザイナーとエンジニアたちは、最新のドローン設計とフォームファクターで、ハチと昆虫にインスパイアされています。発表プレゼンテーションの最初のスライドのいくつかは、Anafiドローンと昆虫の飛行の類似点を示していました。


ドローンのボディは長く細身で、自由に動くジンバルがあり、90°上下に動くことができます。ドローンの折りたたみ脚とジンバルの周りの保護は、カブトムシを参考にしています。

Anafi無人機は折り畳まれて非常に容易に展開する4つの折りたたみ脚を持っています。例えばDJI Mavic AirやMavic Proなど、ユーザーを混乱させる傾向がある仕様よりもはるかに単純なものです。

Parrotの最新の無人機は重さわずか320グラムで、最大飛行時間は25分です

プロペラは、より広く、より短く、より丸みがあり、より柔らかい半透明の材料でできています。最も重要なのは、消費者が慣れ親しんだ典型的なドローンよりもはるかに静かであることです。

ドローンは手上から飛行させる事ができ、最高速度は34mphです。インテリジェントバッテリを充電するには、USB-Cを使用します。

写真とビデオの性能に関して、AnafiはAmbarellaビデオプロセッサと組み合わせて、最大2.8倍のロスレスズームを備えた1 / 2.4 "CMOSソニー21MP IMX230センサーを搭載しています。

それは4KのHDRビデオを提供しています。ポストプロダクションでのカラーグレーディングの柔軟性を高めるP-Logを備えた4Kシネマモード(17:9レシオ)を含み、安定したビデオ映像のため、2つの機械軸と1つのデジタル軸を備えた新しいジンバルデザインを採用しています。

ドローンは以下のビデオモードを提供します。

  • 4Kシネマ:24 fps
  • 4K UHD:24,25,30 fps
  • 1080p:24,25,30,48,50または60 fps

ドローンは、Parrot Skycontroller 3とFreeFlight 6モバイルアプリによって制御されます。

パッケージ内容

  • スマートバッテリーを搭載したParrot Anafi Drone
  • 1 Parrot Skycontroller 3
  • 1収納ケース
  • 1マイクロSDカード16 GB
  • 1つのUSB-A / USB-Cケーブル
  • 追加プロペラ8台
  • 1本のドライバー

価格

Parrot Anafiは699.99ドルで今予約注文可能です。出荷は7月2日から開始されます。