Appleはプライバシーポータルを提供開始、Appleが所有している個人情報をダウンロード可能に

0
244

Appleは本日、データとプライバシーに対応した新しいWebサイトを立ち上げ、Appleユーザーに関係したすべての個人情報、Apple ID情報、App Storeでのアクティビティ、AppleCareの履歴、iCloudに保存されている写真やドキュメントなどのデータをダウンロードできるようになりました。これは現在、欧州連合(EU)が定めたプライバシーに関する規定、GDPRを遵守するために提供が開始され、今後数ヶ月かけ世界中に展開される予定です。

また、情報を更新するための簡単なショートカットや、アカウントを一時的に無効にする手段、永久に削除するオプションなどがあります。



Appleは新しいプライバシーポータルを提供開始、ユーザーはAppleが所有している個人情報のコピーをダウンロード可能に

新しいオンラインツールにより、ユーザーはApple IDに紐づくすべての個人データのコピーを入手することができます。連絡先、カレンダー、メモ、ブックマーク、リマインダ、写真、ドキュメントなど、アカウントの詳細とサインインレコードとデータを取得できます。Appleはまた、Apple Music and Game Centerにあるアプリ使用統計情報、App StoreやiTunes Storeから購入したアイテムの購入履歴、AppleCareのサポート履歴、マーケティングレコードなどの情報も保存しています。

この個人情報は、すべてプライバシーポータルでクリックするだけで簡単にダウンロードできます。 iCloud Photosのようなデータは、数十ギガバイトのファイルになる可能性があるため、生成に時間がかかります。

ダウンロードの準備には1週間ほどかかります。Appleはデータダウンロード準備ができたら通知し、2週間後に自動的に削除します。

Apple IDとiCloudデータのコピーをダウンロードする方法

データのコピーを取得するには、privacy.apple.comにログインしてください。この機能は現在、EU、アイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェー、スイスのユーザーのみ利用できます。今年後半には全世界で展開される予定です。

[データのコピーを取得する]見出しの下の[開始]リンクを選択します。

ダウンロードしたいデータカテゴリのボックスにチェックします。 「すべて選択」を押すとすべて選択できます。 iCloudの写真、メール、ドライブは別々のリストに分かれています。次に、[続行]を押します。


まだダウンロードしたい最大ファイルサイズを選択できるようになりました。 Appleはデータを最大25 GBまでのファイルに分割します。サイズを選択して、続行を押します。
データリクエストは現在進行中となり。ファイルのダウンロードが可能になると、電子メールが届きます。
AppleはすべてのデータをGDPRに準拠したフォーマットで提供していると言います。

個人情報データのダウンロード機能は、他の地域で、今年後半に公開されますが、現在すべてのユーザーは、データ修正を要求したり、アカウントを無効にしたり削除したりすることができます。これを行うには、メインページのリンクをクリックします。

無効化とは、AppleがユーザーのApple IDに関連するデータ処理を停止することを意味します。iTunes、iBooks、またはApp Storeからストア購入にアクセスすることはできなくなります。 iCloudデータにアクセスや、FaceTime、iMessageなどのiCloudサービスを使用することはできません。アカウントの無効化に関するその他の条件については、こちらをご覧ください。

アカウントを再度有効にするには、プライバシーポータルに再度ログインして、再度アクティブにすることができます。

恒久的な削除は、保存しているすべてのデータをAppleが永久に削除する機能になります。このプロセスは、いったん開始されると元に戻すことはできません。

Appleは、月末に発効する新しいGDPR規制に準拠するために、これらの機能を導入しました。

GDPR規制は、インターネット企業がすべてのEU市民に対し、個人を識別可能なデータを開示できるよう、インターネット企業に要求するものです。しかし、Appleは最終的にこれらのツールを世界中のすべてのAppleユーザーに配備することを約束しています。