InstapaperはGDPR対応のため、ヨーロッパで一時的に利用不可へ

0
177

Instapaperは、人気の後で読むメモ系アプリですが、今日、ヨーロッパでのサービスを一時的に中断することを明らかにしました。 Instapaperは、GDPRに必要な変更を行うため、ヨーロッパ時間の5月24日(木)からは利用できなくなると述べています。



InstapaperはGDPR対応のため、ヨーロッパで一時的に利用不可へ

General Data Protection Regulation(GDPR)は5月25日(金)から適応されます。GDPRでは、企業がユーザーデータをどのように扱うかに関する新しい要件を設定しています。 GDPRは、個人データのすべての商用利用で、ユーザーにオプトインを求めないとならないという規則になります。

Instapaperはユーザーに電子メールで、すべてのヨーロッパのユーザーが利用不可能になり、すべてのサービスがGDPRに準拠していることを確認するようになるといいます。同社は、いつサービスが復旧するかについて、スケジュールを明確にしておらず、GDPR対応の遅れの理由についても詳しく述べていません。

The Vergeが共有したInstapaperからの電子メールは、以下になります。

2018年5月24日から、2018年5月25日に発効するGDPR(General Data Protection Regulation)に従い、変更を加えるため、ヨーロッパのユーザーは、Instapaperサービスへのアクセスが一時的に利用できなくなります。ご不便をおかけしますが、できるだけ早くサービスが利用できるようになるよういたします。

あなたのアカウントに関するご質問、進捗状況をチェックしたい場合は、support@help.instapaper.comまでお知らせください。

今日、Appleは正式にGDPRに準拠する新しいData&Privacy機能を発表しました。この機能は現在、一部のヨーロッパ諸国でのみ利用可能ですが、将来的に世界中で展開したいと考えています。