Twitterは開発者APIの変更を8月に、サードパーティアプリの行く末は?

0
184


Twitterは、先月のAPI変更を遅らせ、開発者に8月16日までの新しい期限を設定しました。サードパーティのTwitterアプリは、通知やタイムラインストリーミングなど、重要な機能が使えなくならない為に、その期限日前に新しいAPIに移行する必要があります。



Twitterは開発者APIの変更を8月に、サードパーティアプリの行く末は?

良いニュースは、今回、TwitterがAPIの変更内容を完全に詳述していることですが、新しい開発ツールは、サードパーティのTwitterアプリは接続可能ではないかもしれません。

今日の発表は、TweetbotやTwitterrificのようなクライアントアプリ開発者に、アプリを準備するのに重要な内容となりました。

しかし、iOSとMacOS向けのサードパーティTwitterクライアントアプリであるTwitterrificの開発者は、TwitterのAPI変更により価格変更が行われ持続できなくなるかもしれない懸念をあらわにしています。

TechCrunchの報告によると、Twitterのエンタープライズサービスは開発者に$ 2,899以上の費用を課すと言われていますが、開発者は正しい価格を知るためにTwitterに連絡する必要があります。

Twitterはまた、新しいAPIの一部として既存のサービスを完全に置き換えることはないと話しています。

Tapbotsは、Mac用のTweetbotアプリの新バージョンを発表し、Tapbotsは、必要に応じて新しいAPIの変更を回避できると自信を持っていると語った。