アップルは、Workflowアプリをアップデート!新しいMask Imageアクションと、ワークフローオートメーションを改善

0
226


Appleが所有するWorkflowアプリは、今日1.7.8にアップデートされ、一般的な自動化ツールに新機能と拡張機能を追加しました。

今日のアップデートでは、iOS向けのワークフローに新しいMask Image機能が追加されました。 MacStoriesで説明されているように、この機能を使用すると、ユーザーは画像にマスクを適用して、必要な任意の図形に簡単に切り抜けることができます!



Workflowアプリがアップデート!

Workflowアプリのネイティブマスクイメージアクションは、入力として渡されたイメージにマスクを適用し、必要な任意のシェイプにカットします。このアクションには3つの組み込みプリセットが用意されています。丸みのある四角形(カスタマイズ可能な角の半径値)、楕円、アイコンです。

他のアップデートは、先月にアプリに導入されたThingsオートメーションとインテグレーション機能を使用してTo Do機能を追加しました。ワークフローはまた、PDFからテキストへの変換機能を向上させただけでなく、ドラッグ・アンド・ドロップをサポートします。

今日のアップデートの完全な変更履歴は次のとおりです。これらの新機能に加えて、その他多くのバグ修正があります。

  • 新しいMask Imageアクションを追加
  • To-Doアクションの追加アクションに新しいフィールドを追加
  • ディクショナリアクションでディクショナリアイテムの順序を変更できるように
  • URLスキームでワークフローを開くことができるようになりました
  • PDFをテキストに変換が改善しました。 PDFからテキストを抽出するのがはるかによくなっています
  • 改善されたドラッグアンドドロップ処理。春のロードを待たずにMy Workflowsのワークフローにコンテンツをドロップできるようになりました

Appleは昨年3月にWorkflowを買収し、Workflowアプリを無料で提供しています。それ以来、注目すべきいくつかの更新を行なっています。 App Storeで無料でダウンロードしてください。

Workflow
仕事効率化, ユーティリティ無料iOSユニバーサル