仮想マシンは、macOSで32ビットアプリを稼働させ続ける事が可能!

0
220


Appleは、MacOSの次のバージョンから、32ビットアプリの利用制限を始める予定です。

ここでの懸念は、慣れ親しんだアプリが32ビットアプリだった場合ですが、macOSが名目上64ビットのみの環境に切り替えた後でも、32ビットアプリを引き続き実行できる環境を用意する計画があることが判明しました。



仮想マシンは、macOSで32ビットアプリを稼働させ続ける事が可能!

1つの可能性は、しばらくの間、古いバージョンのmacOSをバックグラウンドで静かに実行できる仮想マシンを提供することです。

しかし、たとえアップルが最終的に32ビットアプリのサポートを完全に停止したとしても、バーチャルマシンが32ビットアプリを動かせる環境を提供する可能性があることが判明しています。

広く知られているわけではありませんが、VMWare FusionとParallels DesktopはmacOSの仮想バージョンも実行できます。

いくつかの制限があります。まず、macOSを実行しているハードウェア上でのみ、macOSをエミュレートすることができます。第二に、仮想化に許可される特定のバージョンのmacOSがあります。

Mac OS X 10.7 Mavericks、Mac OS X 10.8 Yosemite、Mac OS X 10.9 El Capitan、Mac OS X 10.10 Sierra、macOS 10.11 High Sierraを自由に仮想化できます。

したがって、古いアプリが将来のmacOSバージョンで動作しない場合を恐れる必要は無いようです。VMWare FusionまたはParallels DesktopにmacOSをインストールし、そのアプリを使用し続けることができそうです。仮想化ソフトウェアをMacのフルスクリーンスペースで開くように設定することもできます。ハイシエラからマーベリックスにトラックパッドをスワイプして戻すこともできます。